スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米谷ふみ子さんトークセッション

以前にも書きました芥川賞作家・米谷ふみ子さんとのトークセッションについて詳細を書きます。

場所 ジュンク堂大阪本店 3F喫茶コーナー (大阪市北区堂島1「堂島アバンザ」内)
時間 午後2時から
「年寄りはだまっとれ!?」(岩波書店)出版記念

出演 米谷ふみ子 聞き手、尾川裕子
参加無料 定員45名 電話予約・問い合わせ(06・4799・1090 ジュンク堂大阪本店)

実はこのお話はジュンク堂の文芸担当さんから「今回も(前回も一緒にしたもので)尾川が出るよう」と依頼はあったものの、米谷さんと何を話すか何も相談していないのです(笑)。
2週間ほど前にアメリカの米谷さんと電話でお話したときに「もしかしたらまたジュンク堂さんからお話があるかもしれませんが、そのときはよろしく」と言われておりましたが…。

そうしたら、毎日新聞に米谷さんは「アメリカから発した不況の原因を考えたり、一人でも世の中を変えることができることなど話したい」と語っていたそうで、記事で知りました。
ですから、基本、そういうお話になります(笑)
私は、今回出版された本には幼馴染であった小田実さんとの交流など、米谷さんの原風景というか生まれて育った大阪の桃谷界隈、夕陽丘高校(女優の有馬稲子さんや園佳也子さん、大臣をした赤松良子さんとご一緒だった)などのお話、また「子供はだまっとれ」、「女はだまっとれ」といわれて育ち戦争に巻き込まれたというあたりが書かれていて興味深かったので、そのあたりのお話をも、今回のアメリカの選挙などの国情のほかに訊いてみたいと思っております。

まあ、このようなイベントは事前にあまり綿密に打ち合わせをしてしまうと本番が面白くないので、このほうが臨場感があってよいのは確かです。

よろしければいらしてください。
整理券は電話で受け付けるようですが、当日直接でも立ち見覚悟なら(たぶん大丈夫座れると思いますが)参加できると思います。

で、また考える私。
べ平連の小田実の話をした5日後に三島由紀夫の話をするんだ──、って。
これまた真逆。

スポンサーサイト

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。