スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化球も

大阪女性文芸賞の下読みをしていて、私たちはいつも「笙野頼子」や「町田康」になりうる作者の作品をちゃんと残しているだろうか、見逃してはいないだろうか、と心において読んでいます。

すでに笙野頼子や町田康になった作家の作品ならば、すきずきはありましょうが、私どもは誰もが充分評価できるのですが、まだ未熟で、なりかけのそういう種類の作者は、えてして同人誌などで修行を積んだ手馴れた作者の作品とは違って、低い評価を受ける場合があるからです。
(なりかけのまだ未熟な段階ですから、原稿用紙の使い方も、良く言えば我流で、ハチャメチャすぎたり)
それで私たちはどんな作品も最低二人の下読みが読んで、すこしでも気になるものならば、残して他の下読みにもよんでもらおう、というスタイルでやっています。

今年の門倉ミミさんや2年前に佳作を取った天六ヤヨイさんなどは、とても不思議な作品を作る作者で、そういう意味では人々に強い個性を愛されそうな、今後が楽しみな作家です。

産経新聞のインタビューを受けたときに、女ならでは抱えた問題を文学の中で「直球として、そのまま受け止めたい」と、私は申しましたが、直球だけでなく、変化球もOKです。
どんな変化球でも受ける気持ちで読んでいます。

第27回の贈呈式もまだですが、第28回に応募を希望する方はそろそろ準備をしている頃かと思います。
どうぞがんばってよい作品になさってご応募ください。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。