スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家はおでん屋か?!

かなり久しぶりに家でおでんを作った。
27日水曜日に講座があるので、おでんを作っておくと便利や、と思ったので、まず前日の夜に。
(まず、なのである)

昔は私1人が夜に用事で出かける時はよくおでんを作り置いて出たのだけど、この頃はスーパーもコンビニも夜遅くまで開いていて、多少仕事で遅く帰ったとしても夫の1回分くらいの食事は夫が自分でお弁当や惣菜など調達できるようになったので、居酒屋で食べる1回分くらいのお金を置いておくほうが夫にしてもちょっとラッキー(居酒屋へ行ったつもりでその費用を趣味の釣りの費用にまわせますからね)という状態だし。

あと、おでんの1人分を真空パックされたものが低価格で売っていて、それも何かあった時(私の体調が悪くて料理ができないとか、あと一品何かないかという時)用に冷蔵庫で常備していたりしていて、それがなかなか出番が来なくて、ずっと賞味期限ギリギリまで冷蔵庫にあって、そろそろ食べなくてはという時に義務のように食べる──。

ということで、ともかく、ここしばらく5、6年以上我が家でおでんを作ってはいなかったのだ。
それが講座の前日に、急に前述のように思い立って、その日の夕飯を作る横で翌日用のおでんを作ったのである。

途中でちょっと味見をしてみたらこれがおいしい!
味見をしている私を見て、夫が「おれにもくれ」とノタマった。
まだすこし味がしみていないのもあるけれど、と言って出したら、食べる食べる、おかわりして、みるみる半分以上無くなってしまった。
小ぶりの卵6個、大根4切れ、ごぼう天7個、厚揚げ4個、小結しらたき6個、焼き豆腐4切れ。結び昆布6、7個。
それらのものがごそっと減った。
「ええやん、明日、外食したら」
と夫。翌日用のおでんはその日のメーンディッシュ化してしまった。
私も、明日は明日やとばかりに一緒に食べた。
我ながらおいしいおでんであった。

それからである。
今日の朝まで、今まで作らなかったことの反動のように、我が家は毎日古い出汁をリードクッキングペーパーで濾し、新しい出汁を注ぎ足し注ぎ足しして、新たに材料を入れ、あたかもおでん屋さんのように4日間、おでんの鍋がガスコンロに鎮座し、飽きもせずに朝晩それを二人で食べ続けたのだ。

しかし、いくらなんでも今日は出汁を捨てて、洋風の料理を作ります。
こんなことをしていたら、そのうちおでんを見るのも嫌になるかもしらんから、その前に。
(おでんさえあれば、他の料理は簡単でもよくて、ここ数日、楽やったわ~)
(今日の洋風の料理がポトフなんて、それだけはないな)
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。