スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜詰め放題

近所の八尾西武でクラブオンの会員は1割引・2割引で商品が買えるというので、本格バーゲン前だったけれど、サイズがまだ揃っているうちにと、今日、私は前から欲しかったちょっと高めのGパンと夫のセーターを買いました。

双方の売り場でレシートを渡されるときに、「このレシートで一階の抽選会場でガラガラ抽選ができる」と言われ、何が当たるのかよく聞きもしなかったけれど、帰りがけに歩いていたら前に抽選会場があったので、暇だったし、5人ほどしか並んでなかったので、では、と私もガラガラを2回しました。
そうしたら、初めので黄色い玉が出て「当たりです!」と、鐘も派手に鳴らされました。
わっ、何が当たったんだろうと、びっくりするやらワクワクするやら。
すかさず女店員が「おめでとうございます!!」とビニールの袋を1枚渡してくれました。
当たりは一種類で、「袋に野菜詰め放題」だったのでした。あははは。
スーパーではなく、デパートですよ。
それも一階フロアの、ど真ん中。

たしかに、よく見たら、抽選会場の後ろの方に、一段高くして緋毛氈を敷いたところがあって、その上のテーブルに段ボール4箱(ニンジン、ピーマン、メークイーン、たまねぎが溢れんばかりにいっぱい)ありました。
それで、うれしハズカシ、私は緋毛氈の壇上で、袋に野菜を詰め込みました。

私が当たった後は、なかなか当たらないようで、たった一人、その緋毛氈の上で、ちょっと変な汗かきながら、袋にメークイーン(嫌いだ、男爵は大好きだが)以外の野菜を詰めました。
高級化粧品やアクセサリー、ハンドバックなどの売り場の前ですから。恥ずかしい。

で、まあ、口のところまで入ったと思ったので、
「これくらいでしょうか」と付いている店員に渡そうとしたら、
「まだいけますよ。ニンジンとかピーマンとかもう少し入れませんか」
「えっ?」
たしかにまだほんの少し隙間はあるけれど、横に長いニンジンは無理だろう、ピーマンも入るやろか、どうやろ、と戸惑っていたら、その店員さんが、
「入れましょか?」
と言って、ニンジンを縦に突っ込んで、ピーマンもうまいこと入れ込んでくれました。
すごい。
袋からニンジンもピーマンも出てはいるけど、袋からこぼれてはいない。
はは~ん。
詰め放題っていうのは、袋からこぼれなければそそり立っていてもOKだったのでしたか。
修行が足らん。大阪のおばちゃん、にはなりきれていない私でありました(反省)。

で、恥ずかしくはありましたが、壇上から降りると、なんだか、とっても嬉しくて、重たい荷物を抱えながら、ほっぺた緩ませながら、自転車で帰宅しました。
西武のキャラクターグッズ貰うより、よっぽど幸福です。
近々ピーマン入りのハヤシライスし~ましょ。


スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。