「大人の合コン」で二日酔い

昨日、前から約束していたメンバーで大阪の梅田で飲み会をしました。

そもそもは、ひと月ほど前にあった某新聞社主催の懇親会が発端で、終了後もしゃべり足りなかった女性3人と会場の外のソファに腰掛けて、ほろ酔い(酔ってたのは私だけかも)でしゃべっているときに、たまたま通りかかった新聞社の男性3人。
そこで足を止めて、なんだかかんだかと話して、ちょっと笑って、そのうちに「今日は遅いのでまたいつか、このメンバーで合コンしましょう」ということになったのでした。
というのも、女性メンバーの1人が結婚することに決まって、そのめでたい話で沸いていて、そのお祝いも兼ねて、飲み会しましょう、というような流れになったのです。

その「飲み会」のことを「合コン」と言ったのは私だったようで。
まあ、男3人、女3人でしたからね。
しかし学生時代も「合コン」というのはしたことがない私。
潜在的に合コンに憧れがあって一度してみたいと思っていたのか、わからんけれど、酔ってたから言ったのね。ちょっと未だになんで合コンといったのか謎ですが、謎なことをしょっちゅうする私ではあります。
それから「今度飲みましょうね」なんて言うのは社交辞令のようなもので実現しないことが多いので、それも実現するとは思っていなかったのですが、まめな幹事が責任持って連絡をつけてくださったおかげで、ひょうたんから駒のように、昨日めでたく「合コン」が開催できたのでした。
メンバーには独身女性がもう1人プラス華を添えて、イタリアンのお店で乾杯しました。

乾杯のビールは初めて飲むイタリアのビールで、乾杯した後で、そのビールのレッテルの説明書きを改めて見たんですが、ほとんど全員がビール瓶を離して字を見てまして(おいおいおい)大人の合コンってこういうもんなんや~、と皆で爆笑しました。
で、この11月1日に入籍した新婚さんであるN瀬さんのお祝いということで、大いに楽しく、盛り上がったのでした。
N瀬さん、ほんとうにおめでとう! どうぞいつまでもお幸せに。


ということで、今日は半日、二日酔いでした。
(ちゃんと朝食作って夫を送り出し主婦の仕事はしましたけれど)





スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード