スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味わけわからん

今日のは日記で、ぼやきです。

まったくもって意味もわからん、わけもわからん。
夫の表現のことです。

昨夜の飲み会に着ていきたい洋服が見当たらないと夫は一週間前から怒ってました。
私が捨てたのではないか、どこか変なところに仕舞いこんでいるのではないだろうかというんで。
この夏の初めにあれこれ家電が壊れて業者が家へ入るのにあたって、大掃除したもんで、その際の整理のどさくさで無くしたと疑ってたんです。

その服が「コムサの黒いぺらっとしたやつ」と夫はいうんですね。
は~~~???
(そんな服あった?)
(ぺらっとしたとはどんなもん?)
(だいいちコムサの服ってあんた持ってた? 前にTシャツと思って2度ほどすました顔で着ていたコムサの服はあれはほんまはパジャマやったんやで。しかもグレーやったし。それは言ったからまさかまたそれを着ようと思っていないだろうけど)

「で、その黒のぺらっとした服っていうのはTシャツなん? 何なん? 生地は綿なん?」
「生地なんかわからん。なんかぺらっとしたやつや。今頃着るのによいやつや」
「一枚で着る服なん?」
「上から引っ掛けて着るもんや」
探しようにも、いくら考えてもその物の何かが私には想像もつかない。

それで、一週間近く、わけがわからないのでそんなに真剣に探しもしなかった(どうせ、他に着るものはあるのだし)のですが、二日にいっぺんはテキが「黒いコムサのぺらっとしたやつ」とうるさいので、一応形ばかりは探してた。
それが前日はほとんどケンカのようになったので、その物が何かよくわからないまま、私も意地で探し、途中で、ふっと、そういえば仕事で一泊する時に持っていく大き目のショルダーバッグに、時々服がそのまま入っていることがあるな、と思い、開けてみたら、何か黒い上着のような物が出てきた。
は~?
広げてみたら、マッチの軸くらいの細いタグが付いていて、ローマ字でブランド名があった。
ほんまや。これ。たしかに「コムサの黒いやつ」や。
でも、ポリエステル地でフードつき、ぺらっとではなくガサッとしてる。
しかも大阪のミナミでやる飲み会に着ていくのに一週間前から騒ぐような服とは思われなかった。
……。まあいい。
しかし、これは誰が無くして騒いでいたん?
責任者は誰なん????
一方的に私がなくした、と疑われていたので、これみよ、とガツンと爆弾を落としてやった。

それにしても、あまりに表現力がなさすぎて、推理するのに苦労する。
ウチの夫婦喧嘩も夫の場合、怒りを表現するのに「アホ、ボケ、出て行け、離婚じゃ」の言葉4つしかなくて、ひたすらその4つをフルコースで繰り返すだけで、離婚する気なども出て行けと思う気持ちもなく、怒りを表現するだけで、あほらしい。
こういうのは直らんやろうなあ。

それで、けっきょく、Gパンに半袖のTシャツ着て、上にその「コムサの黒いぺらっとしたやつ」を羽織って夫は飲み会に行きました。
飲んだので、帰りは「暑い」と、手にぶら下げて帰ってきましたが。
(あたりまえや、それはもう少し寒くなった11月頃に着るコートの一種や)



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。