小説における事実と真実

第27回大阪女性文芸賞の下読みも順調に進んでおります。
9月の中ごろには予選通過作品を発表できる予定です。

ところで、今日は、応募作を読んで感じたことをすこし書きます。

小説の中には事実をもとにした作品があります。
社会的な事件、事故、あるいは身近な出来事。
病気や介護、訴訟問題、夫婦親子嫁姑のような身内の問題。
他にもいろいろ。

生きていると、公的にも私的にも多くの問題が周りにはあって
それらを元にどうしても書き表したいと思うことがあります。
そうした場合、ノンフィクションを書くのとフィクションを書くのとでは
事実と真実の捉え方が違います。
事実を忠実に書き、そこから真実を追究するのがノンフィクションです。
私どもが主催しているのは芸術作品としての小説の賞です。
小説はあくまで虚構です。
いかに事実にもとづいた私小説でも、小説ならばフィクションです。

私どものような新人賞に応募しようとする方に、よくある問題ですが、
自分の体験した驚くべき事実を、あるいは世に知って欲しい出来事を
一生懸命忠実にそのまま羅列したばあい、
むしろ小説で表すところの真実が見えにくいことが起こります。
要注意です。

これは読み取る私たち下読みも注意が必要だと私は常に思っております。
例えば、病気も境遇も含めなにか悲惨な事を体験した主人公の
その境遇や生き様にただただ圧倒されたり、同情してしまうことがありますが、
しかし、よく書かれていても、ほんとうに小説になっているか、
体験ばかりが表面に出ていて、
主人公が根っこの部分で訴えなければならなかったはずの物が書かれているか
冷静に読まなければならないと心しております。

芸術としての小説では真実を書くために、事実と異なることを必要ならば書いてもよいのです。
その場にいなかった人を登場させたり、
その場にいた人をばっさり消したり。
いかに事実であっても、むしろそれを書く方が嘘くさくなったり、よくある出来事過ぎるという場合には、思い切ってその事実は無くしても許されるのが小説です。

極端に判りやすく書きます、
もし、親族内でもめたシーンがあったとします、写真のように実際にいた人々を抱いていた赤ん坊の果てまで、また傍にいた愛猫、愛犬にいたるまですべてを忠実に発言から服装からしぐさまで書かれたような作品があったら、いかがでしょう。読むほうはテーマと違う部分にふと興味がいってしまったり、こんな人まで登場させなくともどうでもいいのにと、気持ちが散漫になってしまうでしょう。いかに事実であっても茂りすぎた枝葉は不要です。ベースに事実がある場合、その見極めは非常に難しいとは思いますが…(もめている人間を面白おかしく書くのだけが主題の作品はこの場合話は別です)。

小説の場合、作者が「これが本当」として訴えたいことが真実です。
そして小説は事実ではなく真実を書くものです。

芸術作品としてそれがうまく描かれている小説を私たちは求めています。
小説における事実と真実、似ていますが違います。

(まったくの虚構による文芸作品の話ではなく、この場合はあくまで私小説、あるいは事件や社会現象など題材にした小説作品に関して書いています。)




スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード