スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ梅雨

今日も雨でした。
ここ数日毎日34度とか35度とか
暑くて、今日は湿気もハンパではなくあったもので
大阪の街中を歩く中高年はもちろん、若い人の足も重そうでした。

今日は下読みの会議の日でした。
私はキャリーバッグにたくさん応募原稿を積み込んで、
電車を乗り継いで大阪駅そばの会館まででかけました。
荷物が重いので、階段はなるべく使わず、
エレベーターかエスカレーターがあればそちらを利用します。
ところがどうでしょう、
乗換駅のエスカレーター前が異常に今日は混みあっています。
エスカレーターに乗る順番待ちで老若男女大勢4、50人ほど溜まっていて、
横の広い階段を利用する人がパラパラしかいません。
しかもエスカレーターの右側だけに人が乗って(大阪は急ぐ人は左なので)
左側には上までほとんど人が乗っていないのです。

みんな暑くてだるくて、楽がしたかったのだと思います。
だからエスカレーターの左側が誰もいないのに
歩いて上らないでもいい方の右側に乗るため
順番待ちしていたのでしょう。
変なものです
(それなら左に乗ってもいいのに、左なら歩いて上らないと後ろから来る人にわるいとまじめに思ったんでしょうね。2階のホームに電車が来てましたが、いつもなら駆け込み乗車あたりまえなのに、今日は見ませんでした。私も走る気力もなかった)

イラチ(せっかちのことをいう大阪弁)が多くて
歩くスピードも日本で一番速いと言われているのに、
もうそんなことも返上で、
暑さでみんなぼーっとしていたのかしら。
すくなくとも私はそうでした。

夏はこれから本番なのに
その前に、もう、こんな感じです。
いや、その前だから、まだ身体が暑さになれていなくて辛いのかも、ですね。
(しかし食欲は失せません。あまり動かないで食べるので、夏はあんがい太る私。笑。)


スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。