スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(4)川と女と文学と

時空を超えて(4)
──このシリーズの前回の話からはすこし話が横にずれます。

大阪は都心を縦横に川が流れる水の都です。
そんなことで今年は大阪市と大阪府、大阪の様々な団体がそろって、
8月22日~10月12日まで「水都大阪2009」
というイベントを企画しています。

私が年に2度文学講座をしているリーガロイヤルホテル大阪でも
それにちなんだイベントをいくつかします。
私は9月17日(木)に「川と女と文学と~」というタイトルでお話しします。

最初は大阪の特に中之島周辺の川を舞台にした小説作品をなにか
と、思っていたんですが、みなさんによく知られているものだったり
あまりに古い大阪を舞台にしたものだったりで、
私がお話ししなくても充分ではないかと一度は思ったんです。

しかし、中之島周辺で取り上げようとした作品
宮本輝氏の「泥の河」も近松の「心中天の網島」の名残の橋づくしも
水上瀧太郎の「大阪の宿」にも遊女や娼婦が登場するのですね。
べつにそれらは共通の物ではないのですが、
私の中で、ちょうどこの「時空を超えて」で書いていた「境界」と「遊び」に
リンクしてしまったのです。
それで、そのことも含めてお話しすることに決めました。

実は「川」「海」「湖」というのは、
こちらの世界の向こうにある異界と大昔は考えられておりました。
岸辺が境界です。

大昔、道路の発達していない時代には川は幹道になりえました。
舟があれば、海も川も自由に動け、文化の違う異世界へ
渡ることも来ることも可能でした。
水の中もまた異界でした。
水は不思議なものです。水は天から降り、その天を、水は鏡のように、太陽も月も星も写します。
古代の人は、水中に星が棲んでいると思ったようでもありました。
また水は汚れ穢れを洗うもの、つまり聖なるものでもありました。

さて、その境界に、異界にすむ神を迎えるべく聖なる女がいたと
折口信夫を始め、多くの研究者は考えているようです。
たとえば現在の信仰ある家の神棚のように、
神の降りて来られる場所として、この世界よりもすこし高い位置に特別な棚をつくり
そこで聖なる女は神の着衣を織っていたのではないか、と。
ここまで書くと七夕の織姫を思いますよね。
そうなんです。
「タナバタ」のタナは棚でバタは機織の機、
もともとそういう信仰が根深くあった日本では、
中国から入った牽牛星と織女星の伝説のなかの
織女と激しくリンクされて、「たなばた」といわれるようになったのではないかといわれています。

話を戻します。
川辺、水辺にいた聖なる女は、神に奉げられた女です。
神の依りくる境界にいて、神と「遊ぶ」女です。

前回「遊ぶ」ということに関してすこしお話をいたしました。
神と交流するために、テンションをあげるために
お酒を飲んだり、歌ったり、踊ったり、音楽を奏でたり
あるいは性の交歓もする、という話です。
性というのはその行為自体、興奮し、境界にまでいたります。

ところで、神に捧げられた女のことです。
神とは肉体の無い神もありましょうが
現人神という存在もあります(歴史のある神社には宮司=神というケースがいくつか認められる)。
神の子孫で、人でありながら神でもある「現人神」へも、
祭祀としての、神遊びに女は奉げられました。

采女や遊女の起源に関して、解明できない謎が多いですが
そうした神祭りに神の妻になった女たちの末裔が
遊女ではなかろうかという説があります。
私もそう思っています。
そして聖なる女であった遊女の地位は
武士の時代になる以前、
現人神である天皇中心の、祭祀が重要だった時代までは
(つまり、マツリゴトのマツリが政治の政ばかりではなく祭祀の祭が大きくあった時代までは)
それほど低くはなかったのです。
平安時代には上皇に愛されて皇子を産んだ遊女もおりました。
貴族の子を産みその子が貴族になったケースもありました。
なにより女官として遊女たちは舞を舞ったりもしています。

後白河法皇に寵愛され皇子を産んだ遊女「丹波局」は
淀川の河口=「江口(えぐち)」の遊女でした。
現在の大阪周辺にある川の岸辺には
そうした遊女たちが舟を浮かべて暮らしておりました。
後世の時代の遊女像とは違う
神に近い女としての遊女たちのお話を中心に、
9月17日の講座でしたいと思います。

よろしければいらしてください。
川、水にちなんだ、シェフによるフランス料理のランチつきで、
六千円です。
詳細、お申し込みはこちらリーガロイヤルホテル大阪




スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。