博多と顔とパソコン

私のパソコンは4年位前にかったノートパソコンで、
容量が少ないのです。
なのに年数が経つので色々ゴミがたまっていたんでしょう
このごろ動作が鈍いしフリーズするしで、困っておりました。
そうしたら先日、突然「領域の空きがないのでクリーンアップを」というのが出て、
だから、おや、そうですか、とばかりにクリーンアップをしたけれど、
肝心のデフラグまでは空きが少なすぎて出来なくて、
入っているアプリケーションをいくつか削ったり、さまざま試みたのですが
悩みは深くなるばかり。
パソコンはなるべく触らないほうがよいような状態になってしまいました。

それで、パソコンをほったらかして、博多に行って参りました。

ちょうどJR西日本がJR九州とJR四国を含む西日本の全線を
12000円で二日間新幹線でも特急でも乗り放題、
という西日本パスを発売していたのです。
私は福岡に住む文学仲間のH脇さんに、14日の日曜日に会いに行きました。
会うのは2度目、以前彼女が大阪の姪御さんの所にいらした折に
会って飲みました。楽しかったです。
で、今回は私のほうから出かけました。

H脇さんと約束したのは午後5時半、
さっそく彼女に連れられて福岡市文学館に行きました。
赤レンガの古い建物の中に、福岡の文学者の資料が詰まっています。
しばし、そこで福岡の文学者の話を二人でしました。
そこの文学館が発行し、置いてある「文学館倶楽部」という新聞は
毎回なかなか骨のある面白い特集をしていて読ませますが、
ほかに福岡のさまざまな文学関係者をクローズアップして紹介しているのもいいです。
身近にこんな文学者がいると市民にわかってもらえ、文学が近くに感じる企画です。
H脇さんは小説のほうの、主に同人誌で活躍している方の記事を書いています。
私は「夢野久作とその妻・クラ」が特集された新聞を頂いて帰りました。

それからH脇さんと居酒屋に行き、飲みました!
そして中洲で屋台のラーメンをも食べました!
5時間も一緒に居たのにあっという間で、
何を話したんでしょう、私たち(ま、いいか)。
た~のしかった~~~。

翌日、H脇さんお薦めの芋焼酎のおかげか
はたまた博多ラーメンのコラーゲンのおかげか
騒いだのでストレスが発散されたためか
しばらくアレルギーで痒くてややこしかった顔が治っておりました。

実はこの博多行き、夫も同行しました。
夫の方は、博多に住む大学時代の友人のNさん夫妻にお世話になりました。
Nさんとは私も元から親しくしていたのでH脇さんと会う1時間くらい前に会って
夫婦4人で久しぶりで会話を楽しみました。
その時の会話で出たのが上記パソコンの話。
Nさんは理系なので、いろいろ知恵をだしてくださったのですが、
現物が側にないのでどうしようもなく
「誰か、詳しい人に容量を増やしてもらいなさい」という結論(笑)。
やっぱり(素直に納得)。
(その後、夫はNさんご夫妻に連れられて中州豪遊!)

そんな楽しい旅の後、
帰宅してから、パソコンに詳しい友人のY崎さんのご主人にお願いし、
容量をグーンと増やしていただきました。
気さくにお引き受けくださって感謝感涙です。
それで無事昨日の深夜に3時間もかけてデフラグも済ませ、
本日めでたく、このようにblogも更新できました。
前と違って、サクサク動いてくれます。
長い間悩んでいたことが、あっという間に解決です。

ということで、博多をはさんで、顔とパソコン、なおりました。
そして上記の事情で今まで更新できませんでした。
(わかったようなわからないような弁解ですね。笑)

最後に、今年の大阪女性文芸賞の応募総数は377作でした。
応募された皆様、ありがとうございました。
















スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード