(14)大江匡房と永井荷風

時空を超えて(14)

来週28日水曜日にロイヤルホテルで永井荷風についての講座をするので、ブラッシュアップのため、新たに資料を取り寄せて読んでいるうちに面白いことに気が付いた。

永井荷風の「永井家」はそもそも大江氏だったというのである。
平安時代に多くの歌人や学者を出した、元は土師氏(桓武天皇の母のそのまた母の実家)から改名したあの「大枝」→「大江」氏だというのだ。
大江氏族の中で、平安末期に源頼朝のブレーンになった大江広元という人物がいる。
京都の事情に精通する彼が頼朝のブレーンだったので、難物だった後白河法皇と頼朝がうまくわたり合え鎌倉幕府が成立できたといっても過言ではない。
その大江広元のずいぶん後の子孫が永井を名乗り徳川家康に仕え下総国古河城主になった永井直勝だというのである。その永井直勝の庶子で、尾張国で帰農し製塩業で栄え名字帯刀を許された者がいて、それが永井荷風の先祖だという話である。
つまり姓氏が大江で苗字が永井。
(わかりやすく言えば姓が藤原氏で苗字が近衛とか九条とかいうのと同じ)

永井荷風の先祖はそんなことで「大江」をも名乗り数代前から「匡」を代々名前につけていたというのである。
父親の名前は永井久一郎だが「大江匡温(おおえのまさはる)」ともいい、そのまた父は「大江匡威(おおえのまさたけ)」だったのである。
調べてみたら家紋は大江広元の子孫を称する大名の毛利家と同じ「一文字三星」紋であった。

そんなことで永井荷風の代表作『濹東奇譚(ぼくとうきたん)』の主人公は「小説家の大江匡」なのである。

私が初めてこの作品を読んだ昔「大江匡」という名前を見たときに、実はすぐにリンクしたのは「大江匡房」という名前だった。
大江匡房という人物は大江広元の曽祖父で『遊女記』を残した人物である。
私は古代の遊女や遊びにとても興味を持っていたからすぐに匡房の名前が浮かんだのだ。

そうしたら今回の荷風の系譜で、時空を超えてほんとうに繋がった。
しかも『遊女記』と『濹東奇譚(ぼくとうきたん)』。


もっともこの系譜どこまで信じてよい物やら…。
wikiでしらべると、どっこい永井荷風の先祖は「大江氏」ではなく「平氏」で、長田を名乗っていたところ徳川家康の命令で「大江」を名乗り家号を「永井」にしたともある。
他で調べると大江広元から代々つながる系図に「永井直勝」以下があったりするし、大江氏系と平氏系どちらもまことしやかな系図や話が添えられてあって、どうもわからない。
(系図はえてしてそんなものだ)

どちらにしても途中で養子が入って血がつながってはいないのだが、永井荷風が大江を名乗る一族で「大江匡」を分身とし、娼婦の話や芸者の話などを作品に残したということが、なにより、私には大江匡房と重なってとても不思議で面白い事のように思えてしまう。





スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード