スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四天王寺の万灯会

昨日は四天王寺さんの万灯会に行ってまいりました。

           四天王寺
                       ちょっとローソク少ないところを携帯で写してしまった(汗)
四天王寺さんには夫の父のお骨がおさめられておりますので、お盆のお墓参りです。
夫の母と妹と私たち夫婦4人は毎年万灯会にお墓参りをして、父の戒名を書いた大きなローソクに火をともし、供養をいたします。
この時に母は亡くなった実妹(叔母)さんや親友の分のローソクもお供えします。
今年は、昨年亡くなった父のすぐ下の弟(叔父)さんの初盆なので、叔母さんも一緒にお参りし、そのご両親と叔父さんの分のローソクをともしました。
(夫の妹は今年亡くなった愛犬の供養をしました)

四天王寺さんでは八月九日と十日は昔から千日参りの日で、この日にお参りしたら観音さんの功徳が千日お参りしたと同じだけあるというので、ありがたい、どうぞしばらく健康であり続けますように、とお願いしました。

というのも、私はこのひと月ほどアレルギーがひどく、慢性じんましんで、あちこち腫れ、一昨日は唇が河童のように腫れ、腕やら背中をかいたらミミズ腫れというか地図状に黄色く腫れて大騒ぎ。
夫は夫で「ふらつきのほかに、ここにきて先日から視界が時々モザイクになる」というんで、夫婦そろって医者へ出かけたのでした。

夫のほうは、よく聞けば、会議で発言した直後や立ち上がった直後にふっと視界がモザイクになったりすると言います。
主治医は常用している血圧の薬の副作用かもしれないと、量を減らして様子を見ることになりましたが、芥川龍之介が『歯車』を書いた原因である「閃輝暗点(せんきあんてん)」ではないかと私は疑っております。これは一般には、後で頭が割れんばかりに痛くなるものですが、なかに頭痛のない人もいるのだそうで……。
先日した脳のMRI検査では異常がなかったというので、ひとまずは脳梗塞ではないようだと思いながらも、近いうちに眼科でも検査をしてもらい、あとは様子を見ながら大事にしなくては、という、なんというか、お互い長く使った身体ですから、そろそろガタがきてあたりまえ。
(それにしても『河童』と『歯車』みたいな閃輝暗点って、芥川の供養をせなあかんかな)

千日参りにそんなことで、どうぞ観音さまも仏さまもよろしくお願いいたします、と手を合わせました。

ちなみに私は「アレギサール」という名前の薬を飲んでいます
(ほんまにアレルギーよ、去~れ、です。でも暑いので汗が出てあちこち気持ちが悪くて痒い。痛いのより痒いほうが辛いな)

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。