スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リズール

芥川賞作家の玄月さんから文学バーを心斎橋に近々開店するというメールが届きました。
そのお店の名前が「リズール」。
作家の辻原登さんや吉村萬壱さんたちの協力もあって、本がいっぱいのお店になるそうです。

漫画喫茶ならぬ純文学バー?? 
純文学作品読みながら一人静かにスコッチ飲むとか???
私がいつものようにバカ話をして騒いだら「尾川うるさい喋るな」とか怒られる?

玄月さんどのくらいお店に出るのかしら。
空想妄想ふくらみ、興味津々。
A・チボーテ(仏)が文学を深く味わう読書人を「リズール(精読者)」と称したそうで、そこからとって高知に「文佳人」と書いて「リズール」という名前の日本酒があるそうです(こっちはネットで仕入れた情報をコピペ)。
そのお酒も飲んでみたいやんか。
玄月さんのお店ではそのお酒ないのかな?

ともかくいい名前のお店です。
開店は1月31日のようです。その前のプレオープンのお誘いを頂きました。
行きたいな。
しかし誰を誘おう。

下記は玄月さんからメールしていただいた地図。
バー リズール
大阪市中央区南船場4-11-9 コムズビルB1
地下鉄「心斎橋」駅3番出口から歩いて3分くらいだそうです。
追記
リズールのお店の公式サイト
http://www7b.biglobe.ne.jp/~liseur/

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。