今年の仕事納め

今日で川西市立緑台公民館での文学講座が終了。
みなさん熱心に聴いてくださるので話す方もやりがいがありました。

3回目の今日取り上げた作家は三島由紀夫で、最期の部分、自衛隊の市谷駐屯地のバルコニーで自衛隊員たちを前に決起をうながす彼のアジの内容を話しているところで、なぜか私のマイクが普通にきちんと使っているのにハウリングを2回も起こし、マイクをはずして「そういえば三島の光景をテレビ中継で見た作家の野上弥生子はあとで『三島さんにマイクを差し上げたかった』と言われたらしい」などと話しましたが、そこまでなんでもなかったマイクが突然2回もハウリングを起こし使用できなくなったので、なにか因縁めいて妙な感じがしました。

ところでその公民館は能勢電鉄に乗って平野という駅で降りるのですが、ちょうど紅葉の季節、周りの景色がとてもよくて、デジカメ持って来ればよかったと思いながら、デジカメ持参で出かける習慣がないので、毎回あーまた忘れたと残念に思う私でした。
またこの講座に行くのにはほかにうれしいおまけがあります。
平野駅には小さなコンビニが改札口の横にあるのですが、そこで地元の野菜が何点か生産者の名前入りでとても安いお値段で並べて売っているのです。
1回目は秋ウコンの乾燥したものが400円で売っていて買いました。
2回目と3回の今日は葉付き大根が60円。
柔らかくてきれいな葉っぱで、とにかく葉っぱが食べたくて買いました。それでその葉っぱの付いた大根持って梅田の阪急百貨店と大丸百貨店をはしごして帰って来ました(笑)。
この葉っぱ、さっと茹でて、細かく切ってフライパンでゴマ油でぱぱっと炒めて味は塩コショウして卵を入れてとじて食べるのが好きです。ほろ苦くておいしい。ビールに合う。
あとお味噌汁に大根と油揚げと一緒にこの刻んだ葉っぱを入れてもおいしい。
厚揚げと煮浸しも。うふふ。

今年の私個人としての仕事はこれで終了。
(大阪女性文芸協会代表としては鐘23号のゲラが届いたり、広告のデータをもらったり、協賛金をいただくお願いにご訪問したり、まだいろいろありますが)

さて、明日は自分にごほうび。
近所でやっている「ハワイアンロミロミ」という全身オイルマッサージが今月は15分延長サービスなので、75分のコースを予約しました。
コリを揉みほぐしてもらいます。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード