スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物書きの「物」

28日のリーガロイヤルHでの文学講座「三島由紀夫の生涯」にはたくさん受講者がおいでくださいました。ありがとうございます。
当日参加申し込み者が3名もあったようで、「これ以上増えたらどうしようとドキドキしています」とホテルの担当のOさんが喜んでおりました。
(タテマエ上、申し込み締め切りは3日前なんですが、私の講座は用意するものはお菓子とレジュメだけなので毎回当日参加も一人や二人はOKでして、つまり特別注文の上生菓子の数が足りるか心配だったようです)

三島は、最期、どうだったのでしょう、小説書いているだけでなく、シナリオをも書き、平面の紙の世界から人の演じる三次元の世界へ飛んで、自分でも俳優やったり、演出したり、思うことが思うままできる状態にもなっていて、現実と虚構の境界がなくなってしまっていたような気が私はします。

もともと、物書きの「物」は「物の怪」の「物」だと私は思っています。
神のような、鬼のような、異界の何かに憑かれたようになって、無い事を有る事のように書くのが小説です。
いわば異界と現実世界の境界にいるのが作家で、修行していつでも恐山のイタコのような状態になって書けるのがプロ作家で、三島などはなかでも生まれながらに特殊な能力に恵まれた作家だったのでしょう。

そういえば、万葉歌人・柿本人麻呂の「柿」は垣根の「垣」で、境界のことではなかったかと折口信夫が言っていたそうで、それも同じようなことだと思います。
万葉歌人の人麻呂は、つまりは境界にいて神に捧げ、神にも等しい天皇や皇子に捧げ、死者の霊に捧げる歌をつくる人だったということでしょうか。
古代、各地で行われていた「歌垣」も「歌の掛け合い」のことだと言いますが、それ以上に魂を持った言葉が男女の垣根、人と人の垣根を越えて、人に取り懸かるからだと思うのです。

日本は言霊の国、言葉は気をつけて発しなくてはいけない、言は事になるから、というような歌が万葉集にあったように思います。

三島は「言」を「事」にしたんでしょうね。

三島ファンは未だに多いです。
そのおかげで28日はたくさん集まってくださいましたが、圧倒的に女性の多い中に男性4名、その中のお一人がちょっと気になって、私としてはいつもの「尾川節」ぶっちゃけトークが出来にくくて、発する「言」に気をつけて、すこし緊張して話しておりました。





スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。