伊藤比呂美さん講演会無事終了

おかげさまで、講師に伊藤比呂美さんをお招きしての文芸講演会「女が書く──更年期と老いと死をみつめて」が無事終了いたしました。
おいでくださった皆様ありがとうございました。

伊藤さんは、ご自身の初期の詩の作風がうまれたきっかけから、書いて感じる詩と小説の違いや最近の作品の誕生秘話、企業秘密とも言ってよい文章の推敲の秘訣などをユーモアたっぷりにお話され(何といいますか、ご自身が語る説教節「比呂美姫物語」でした)最後は今年の1月に朝日新聞から出版された『読み解き「般若心経」』の一部を朗読してくださいました。

会場との質疑応答までの1時間半、魅力たっぷりの伊藤比呂美ワールドに私たちひたりきりました。よかった~。
        伊藤比呂美さん
                 伊藤比呂美さん
講演が終わったあとで、私どもの理事たちとお茶を飲んでお話をしたのですが、いろいろお話していて、同じ物書きでも詩人は「自分に興味」があり、小説を作るものは「他人というか人間というものに興味」があるのかもしれない、などと思ったり話したりしました。
とっても楽しかったです。

スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード