食い意地はって風邪を引く

風邪をひきました。
たいしたことではないのですが、暑い時期なのでしんどいです。

ちょうど一週間前に、どうしても「イカの粕漬け」が食べたくて阪急百貨店の催事場でやっていた「よ~いどん! 食覧会」というところへ出かけて、人ごみのなかで感染しました。右の鼻の奥の鼻濁音のときに音が抜ける部分が、あの日、ちくっ、としたのです。
ありゃ、これ、風邪の菌が着いた、と思ったのですが、思ったときには遅くて、金曜日の夜にはしっかり風邪引き状態になりました。

「イカの粕漬け」とは何か、といいますと、獲ったイカをゆでて酒粕にしばらくつけたもので、ほんのり甘くてとても美味しいのです。切って、粕とともに食べる函館の名物です。
しかしデパートの北海道展などには出てこない品で、普通の大阪人は知らない食べ物です。
例えばこの左のイカですイカの粕漬け

それが関西ローカルの「よ~いどん!」という朝のテレビ番組のなかの「お取り寄せオススメの品」コーナーで、以前に北海道出身の俳優・小日向文世さんが彼のオススメとして紹介したことがあるらしくて…、今回、その番組が放送500回記念でデパートとタイアップした催事「食覧会」で、販売されることになったのです。
阪急百貨店のカリスマバイヤー(!)が、番組500回分のオススメの品を試食し、今回の催事で40品を選んで販売するという企画なのですが、真っ先にこれを販売しようと決めたという話でした。
いや~、郷土の誇り! やったぜイカの粕漬け。

それを番組で見た私の鼻は北島三郎のように膨らみました。

もとから大好きな食べ物です。とにかくイカの粕漬けが懐かしくて食べたくて、それ行け、とばかり、実は数日前にも一度、理事会の後で並んで買ったのです。
それでも、今日が最終日という朝に、未練というか、再びどうしても食べたくて、また行ったのでした。

催事場は、テレビの影響でとにかくすごい人ごみ。販売されている物は、どこも並んで、大繁盛。
思ったように進めないくらいです。
あらあら、と思っている時に、鼻濁音の「ぐ」英語で言うとingの「g」と発音するときに息が抜ける部分がちくっとしたのでした(嬉しさで鼻の穴が北島三郎状態でしたからね)。

木曜日に川西市で『大河ドラマ考察「龍馬伝」』というのをやる予定だったのでヤバっと思いましたが、なんとかそれは気合で無事に終り、翌日の理事会も済み、ほっとした夜に鼻の奥から咽喉にかけて真っ赤に腫れ、身体がだる~くなりました。潜伏期間3日間。
(なんというか、見事に勝手な身体です。笑)

ということで、ぼんやり休憩しています。
暑いな~。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード