スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津島佑子先生を悼む

先ほど、ヤフーのニュースで訃報を知り、かなり動揺しております。
津島先生は私どもの賞の選考委員を第21回から今度の33回まで務めてくださいました。
賞の選考だけでなく、シンポジウムも一緒に開催したり、私とは奈良の県立図書情報館のイベントで対談もさせていただきました。
気さくなお人柄で、一緒に温泉へ入ったり、鶴橋を散策したり、楽しい思い出がたくさんあります。

昨年の贈呈式の前に、突然高熱が出て、即刻入院、どうも肺炎を起こしたようだ、とおっしゃられ、贈呈式を欠席されました。
その後、しばらくして、33回の選考会に関して、実は病気で、今の状態ではいつもと同じような会議をする形の選考会には出ることができない、外出することがあまりできない、というお話をされました。
ただ、何のご病気かはどなたにもお話されたくないようで、私どもはただただ心配するばかりでした。

第33回の賞の応募要項には選考委員としてすでに津島先生のお名前を出しておりましたので、今回は、先生のご意見を書面でご提出いただき、それを黒井千次先生に読んで頂いた上で、両先生が電話で話し合って結論を出す、という形にいたしました。

選考会の当日、私の携帯電話を使って、電話での会議が行われたのですが、私との簡単な挨拶を含め、携帯電話の記録では会話した時間は12分でした。
電話を切る前に、「尾川さん、私、今、こうしているのも実はつらい状態」とおっしゃられました。
今も私の耳に先生の息や言葉がそのまま残っております。
そして、考えれば、私が耳にした先生の肉声はその言葉が最後になるのですか……。
今、私もつらい気持ちです。

先生は、来年度からの後継の選考委員として中沢けい先生を推薦され、私どもも、それはありがたいお話だと、そしてその橋渡しも津島先生がしてくださいました。

第33回大阪女性文芸賞掲載誌『鐘28号』はこの月曜日にできあがり、発送したばかりです。
そこに載せる選評をメールで頂戴し、1月初めにゲラをFAXでお送りし、翌日のお昼に先生から直しが返ってまいりました。
その隅に「ご心配をおかけしてすみません」と書かれていて、それが先生から頂いた肉筆の最後の文字になるのだと、思えば思うほど、信じられない、寂しい気持ちでいっぱいです。
おそらく『鐘28号』はご自宅に生存中に届いたこととは思いますが、目にはされておられないかもしれません。

ちょうど先生の亡くなられたころ、鐘28号が無事出来上がったので、改めて先生へ今までのお礼の手紙を書こう、それに付けて何か召し上がっていただくような物を探しに明日近くのデパートへ行きたいと、家人に車を出してもらうよう頼んで、先生の話をしていたのでした。

肺がんだったのでしたか。
こんなに早くに亡くなられるとは思ってもなく、呆然としながら、とりとめもなく書いております。

津島佑子先生、今まで、ほんとうにありがとうございました。
ご冥福を心からお祈りしております。














スポンサーサイト
プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。