訃報

昨日、5月3日の午後2時、私ども大阪女性文芸協会会員で、元副代表を務めてくださった滋賀県在住の作家・畑裕子さんが肺腺がんにより、お亡くなりになりました。
ご冥福を心よりお祈りいたします。

畑さんと私は25年近くも前から親しくさせていただき、畑さんの2回行った出版記念パーティは2回とも私が司会をしました。2回目の話はこのブログにも記事にしました。
記事


思えば、その時が、畑さんと会った最後になるのですね…。
前日から彼女が取ってくださったパーティ会場の中のホテルへ泊り、夕食を二人で食べ、久しぶりに楽しいひと時を過ごしたのでした。

奈良女子大を出た才色兼備の女性でしたが、おっとりしていてどこか底が抜けたところ、今で言う「天然」なところがあり、面白い楽しい思い出がたくさん私に残っています。
何度も滋賀へ遊びに行きました。
いろんなところへ車で連れて行っていただき、美味しいお店も教えていただきました。
私が他の友達を誘って近江八幡へ出かけて案内するのは全部彼女に教えていただいたところです。

2年前に、私が再生不良性貧血で倒れた時、心配してお電話をくださった畑さん、あのとき彼女も血液の数値がすこしおかしいのだが異常はないらしい、しかし数か月に一度検査はしている、というお話をしておられました。
もっともっとしっかり他で調べて頂けばよかったのに。
九死に一生を得て、私が退院した直後に、今度は畑さんが倒れたのでした。
電話で伺うに、腰痛だとばかり思っていたものが、がんの転移による圧迫骨折で、末期であったと、まるで悪い夢を見ているようだと、そういうお話でした。

医学の進歩のおかげで、私が10年前なら半年以内に死んでいた命が助かったのだから、畑さんだってきっと、と信じたかったし、一時は薬のイレッサが体に合いとてもよく効いているというメールをいただいていたので、心配しながら少しでも長く生きてと念じていたのでした。

訃報に心が痛みます。
明日、最後の畑さんのお顔と最後のお別れをしに参ります。

通夜 :5月5日19:00~
告別式:5月6日11:30~
会場 :タウンホール近江八幡

なお、後日、しのぶ会を行う予定です。















スポンサーサイト

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード