スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見舞い申し上げます

なかなか電話が繋がらなかった青森の弟のところとようやくさきほど話ができました。

私は北海道の函館に実家があり、そこに今父とすぐ下の弟が住んでいるのですが、もう1人一番下の弟が青森に住んでいて、その弟の息子(私にとって甥)が社会人になって仙台と宇都宮に住んでいるのです。
そんなことで、今回の大震災ではまず実家へ電話を入れ、父と弟の無事を確認してから、青森の弟のところへ電話を入れたのでしたが、まったくその電話が通じなくて…。
函館の実家と青森の弟とは11日の夜に電話が通じて、とりあえずはみんな無事だと、それは翌朝再度函館へ電話を入れて知ったのですが、直接話していないので、どんな状態なのかとても心配でした。

どうもこういうときにはIP電話やFAX付きの電話は通じにくくなるんだそうで、どちらも該当していたので、連絡がつきにくかったのでした。
今日の話ではガソリンなどの不足はあるもののなんとか生活は通常にちかい状態に戻り、一番心配だった仙台の甥も海岸に近いところに住んでいたものの、津波の被害は受けず(とはいえお部屋はめちゃくちゃ)、現在は市内で水や電気などがかろうじて供給できている地域の友人のアパートへ身を寄せていて、仕事もそろそろ開始するようでした。

それにしてもほんとうにすごい災害で、テレビから流れる映像を見て、胸が塞がれる毎日です。
気力が抜け、今の境遇に後ろめたささえ感じている私です。

八戸から2年前まで毎年のように応募されてきた方がおいででした。
宮城の方もいらっしゃいました。
ご無事でしょうか。ご無事でいらっしゃることを祈っております。

また被災された皆様、お見舞い申し上げます。
このたびの震災でお亡くなりになられた方には、心からお悔み申し上げます。


ところで……。
福島の原発、どうなるのでしょう。
とても不安です。

毎年大阪女性文芸賞の贈呈式にご出席くださって、スピーチも頂いている作家の高嶋哲夫さんは元原子力研究所に勤務されていたかたで、「メルトダウン」でデビューして「M8」「TUNAMI」など今回の災害を予期したような小説を書かれています。
この危機がどうなるのか、高嶋さんのコメントが聞きたいと思いました。

それから「オール電化」のこと、前から感じる以上に色々不安に思いました。
実家は建替えた十年ほど前に暖房だけは灯油(タンクを外に出す形)ですが他はオール電化にしました。
それが、数年前の秋に足掛け3日続く停電があったらしいのですが、お湯一つ沸かされず、コンビニの弁当とお茶だけで過ごしたという話で、「これが雪の季節であったならば、生命をも脅かされることになった」と弟が話していました。
それはたしかに困ったことで、ですから私は雪の心配の無い大阪に住んではいても、「とてもお得になります」というオール電化のオススメがあるたび、何度もお断りしていました。
オールというのは何かあった場合他に手段が見つけられなくて難渋するからです。
それでも、現在、暖房はガスが中心ですが、しかし、そのガスもファンヒーターなので電気がなければ役に立ちません。
困ったことです。
オール電化でなくとも、電気は生活にとって重要なものになっているのです。

私の知るここ4、50年、日本の発展、近代化と電気は切っても切れない関係になっています。
そして私たちも、電気はとてもありがたいものなのに、あって当たり前で、節電と言いながらも好きなだけ使ってきました。

とにかく原発には、どうぞお鎮まりください、お鎮まりください、と、荒ぶる神に祈るごとく祈っています。
生活を今一度考え直さなくてはいけないと思いながら。

なんだかとりとめの無い話を書きましたが、とりとめなく色々考え込んでいる私です。



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

第28回大阪女性文芸賞贈呈式・報告その2

           片岡さんと片島さん
              右が受賞者・片岡真さん 左が佳作の片島麦子さん

          スピーチしてくださった作家のみなさんと会場の雰囲気               
  島京子先生      会場
   神戸の作家・島京子先生

玄月さん  吉村萬壱さん  津村記久子さん
      玄月さん            吉村萬壱さん          津村記久子さん 
                    ご存知大阪在住の芥川賞作家の三人です

高嶋哲夫さん    藤野可織さん  谷崎由依さん
ミステリー作家の高嶋哲夫さん  京都の新進作家・藤野可織さんと谷崎由依さんのお二人

会場で選評を述べてくださった黒井千次先生と津島佑子先生のほかに、こうして関西の有名な作家7人が全員受賞されたお二人の作品の感想を真剣にお話してくださったので、片岡さんも片島さんもとてもありがたく思っておられました。たしかにめったにない機会だと思います。今後の励みにして、さらに飛躍してください。
             
                   アトラクションはボサノバ 
              ボサノバ
              カオリーニョ藤原さんとunaiさん
カオリーニョさんは右の男性。unai(うない)さんは第25回佳作受賞の天六ヤヨイさんの妹さん

ということで、今年の贈呈式と懇親会も和やかで楽しい、またたいへん刺激になる会でした。
遠くは山形や富山、高知からもおいでくださったお客様がおいででした。
ほんとうにみなさまありがとうございました。



テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

第28回大阪女性文芸賞贈呈式・報告その1

おかげさまで第28回大阪女性文芸賞の贈呈式(授賞式)が、2月27日の日曜日に無事終了いたしました。
おいでくださいましたみなさま、まことにありがとうございました。
受賞の片岡真(まこと)さん、佳作の片島麦子(むぎこ)さん、おめでとうございました。
            第28回大阪女性文芸賞受賞者と選考の先生
   写真は左から津島佑子先生、佳作・片島麦子さん、受賞者・片岡真さん、黒井千次先生

写真を撮ったのは大阪女性文芸協会の理事で、つい遠慮して前まで出られなくて、同じ方向を向いた写真にならなかったのでした。それで受賞者も先生も長い間同じ笑顔ができにくくて(ま、女優や俳優じゃないのであたりまえですが)、新聞とか記念用の写真撮影の時間がすこし経つとつい顔が疲れてくるもので…。
という頃に撮ってしまった写真なのでした。

受賞者と先生 片岡さん 片島さん

式典の雰囲気がもうすこしわかるように届いた写真をまず3枚UPしますね。

今年は芥川賞作家が玄月さん、吉村萬壱さん、津村記久子さんの3名がご出席くださいまして、神戸の作家・島京子先生、ミステリーの高嶋哲夫さん、京都の新進作家・藤野可織さん、谷崎由依さん、脚本家の胡桃沢伸さんなど豪華お客様が揃われました。
協賛くださっている日本トリムさんと岩谷産業さんからも、後援くださっている新聞社各社さんからも部長さん部次長さんが揃われまして、乾杯のご発声は朝日新聞の生活文化部エディターの近藤順子さんがしてくださいました。ありがとうございました。
スピーチの写真はまた別にUPします。
*検索でこのページへ入った方は下にある報告その2をクリックください)

ともかく、今日は第1報でした。

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。