スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法華寺へ

昨日はとても天気の良い暖かな日でした。
この3月30日にリーガロイヤルホテルで行う講座「光明皇后──御歌と生涯」の件で、コーディネーターでアナウンサーの坂口智美さんとともに、講座のご後援をしてくださっている奈良の法華寺門跡へ伺いました。
ちょうどリーガロイヤルで前日に講座をなさったアロマテラピーでは日本の第一人者であるケミリー園子さんもご一緒いたしました(坂口さんのご主人も)。
              法華寺
               (法華寺正門 撮影・清家一弘さん)

実は昨日、皆さまに御前様と呼ばれ尊敬されておられるご門跡の久我高照様にご挨拶させていただくお約束ができておりまして、私は緊張しながらもお目にかかるのをたいへん楽しみにしておりました。
今年89歳になられる御前様は気高く凛としておられながらも、初めてお目にかかった私のような者にも親しみやすくやさしくお話しをされ、幸福なひと時を過ごすことができました。

私、光明皇后が作られた「から風呂」と現代の「岩盤浴」や「よもぎ蒸し」のことを話させていただき、アロマテラピーのケミリーさんもお話に加わり、薬草、ハーブ、蒸し風呂は現代でも効果があるのですから(私は更年期の不定愁訴と思われるような船酔いのようなものが岩盤浴へ行くと治るのです)、現代のように医学の進んでいない古代の人にはどのくらい素晴らしいものと思われたでしょうか、などと、そんな会話をいたしました。
「から風呂は今も年に一度入られるようにしています。機会があったらどうぞ」と微笑みながらおっしゃってくださいました。
短い時間でしたが、私の生涯にとって忘れられない思い出になる出来事でした。
             法華寺 から風呂
              法華寺のから風呂です(撮影・清家一弘さん)

ところで、ちょうどこの日は法華寺のお庭の梅の木が満開でした。
風もないのにピンク色の花が散って落ちるので不思議に思うと、梅に鶯が2羽止まっており、その鶯が花の蜜をすっていたので、花が散っていたのです。
             法華寺 庭の梅と鶯
              真ん中に鶯がいますよ(撮影・清家一弘さん) 
なんだかほんとうにこの世のことかと疑うほどで、夢のような一日でした。



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

贈呈式(その2)

贈呈式の写真をUPいたします。

贈呈式A
右から黒井千次先生、受賞者の門倉ミミさん、佳作の潮田眞弓さん、津島佑子先生です

門倉ミミさん    潮田眞弓さん
受賞者の門倉ミミさん                  佳作の潮田眞弓さん 

玄月さん吉村萬壱さん高嶋哲夫さん
玄月さん        吉村萬壱さん         高嶋哲夫さん
藤野可織さん谷崎由依さん岸田るり子さん
藤野可織さん      谷崎由依さん         岸田るり子さん

上記の作家の方々以外にもすばらしい方々から楽しいスピーチをいただきました。
(受賞者と、作家としてお顔も出してお仕事をされていらっしゃる方のみUPさせていただきました)

皆様スピーチありがとうございました。

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

第27回大阪女性文芸賞贈呈式(その1)

おかげさまで、第27回大阪女性文芸賞贈呈式と懇親会が昨日3月6日無事終了いたしました。
受賞の門倉ミミさま、佳作の潮田眞弓さま、おめでとうございました。
雨の中、お忙しい中をおいでくださいました皆様ありがとうございました。

お正月に立てた私の目標は「デジカメを買って、ブログにすこし写真も入れる」で、贈呈式までにはなんとかしようと思っていたのですが、デジカメどれにしようと迷ったり、忙しくしているうちに、贈呈式が終了してしまいました(笑)。
しかし、当日は理事の友人で趣味でカメラをなさって個展までされておられる方が撮ってくださいまして、たぶんそのデータを近々頂く予定になっておりますので、なんとかブログ操作をマスターして、模様をそのうちアップいたします。

私どもの賞の贈呈式は、きちんと型どおりにはしておりますが、雰囲気はひじょうに明るく楽しい感じ(自分で言うのもなんですが)で、厳粛というより少々笑いもあったりしてアットホームな感じになっています。
また贈呈式の後の懇親会は、ブッフェスタイルでお食事を取っていただきながら(お飲み物はすべて協賛のアサヒビールさんに頂戴いたしました。ありがとうございます)、ご出席の皆様とたのしく盛り上がる会で、今年も楽しかったです。

受賞者の門倉さんは以前に関西テレビのジュネーブ支局の現地報道スタッフとしてお仕事をされていた方で、その時のご友人ということで、今年は乾杯の音頭を彼女の昔のエピソード付きで毎日新聞大阪本社代表の伊藤芳明様がとってくださいました。
私どもの賞には読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞の各々大阪本社がご後援くださり、毎年各社から部長さんと記者さんがご出席くださるのですが、大阪本社のトップがおいでになったのは初めてで(毎日の学芸部長さんは本社代表さんが受賞者のご友人と知らずにご出席されちょっぴり驚いて、また彼女の人柄を紹介されたエピソードに微笑んでおられました)、たいへんありがたく思っております。

作家の玄月さん、吉村萬壱さん、高嶋哲夫さん、藤野可織さん、谷崎由依さん、岸田るり子さん、文学学校理事長の高畠寛さんと神戸エルマール文学賞基金委員会副理事長の大塚滋さんが、門倉さんと潮田さんお二人へアドバイスをこめたスピーチをしてくださいました。
また受賞者の門倉ミミさんの関係者として、大阪芸術大学教授の石川豊子さんと全日空常勤監査役の伊藤博行さんがスピーチくださいました。

何度も申しますが、近々その雰囲気が分かるように写真付きのものをUPいたします。

ご出席くださったご来賓の皆様、受賞者のご友人の方々、協会の会員の皆様、遠くから多くの方がおいでくださいました。こころから感謝いたします。ありがとうございました。


テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。