スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平野巡り

20日から毎週金曜日に3回、川西市緑台公民館で文学講座をすることになっていて、そこは初めて行く公民館で、最寄の駅は、能勢電鉄の「平野」だというので、乗り換えをどうやってしようか、ヤフーのHPにある「路線」を使って検索しました。

「平野」と入力すると、4種類の平野駅が候補に出てくるので、その中から兵庫県「平野」をクリックして、うまいこと20日に無事平野駅に着きました。
あたりは敷地の広い大きなお家が並んだ、わりと新興の住宅地のようでした。
で、「平野」を入力すると、ほかに近畿の関西本線「平野」と、大阪市営地下鉄「平野」というのが候補に出てくるのですが、面白いことに私は昨日、22日にそのどちらの「平野」駅も使ったのでした。

というのも、大阪女性文芸協会の理事のN良さんが最近大阪市の平野区に引越しされて、暮らしてみたら、平野は歴史遺産がいろいろあって「町ぐるみ博物館」という活動をしていて見るところがたくさんある、物価も安くて、美味しいものもあるよい町だ、と言われるので、では一度「平野ツアー」をしましょう、と理事の有志が昨日集まって(町ぐるみ博物館では第4日曜日にしか開けない所があるので)、冷たい雨の中ではありましたが、JR「平野駅」から巡ったのでした。

これが楽しかった。
大きくて有名なお寺や神社があって、そこを訪ねるのが楽しいのはもちろんですが、この町は、大阪市内でも空襲をうけていないので、庶民の使った道具も帳面も全部残っているのです。
古いフイルムをDVDにしたものを上映して見せてくださるところや、私たちが子供の頃に駄菓子屋さんで目にしたものや、個人の家の中に仕舞っていたものなど、コレクションを、おしげもなく「個人の博物館」として公開してくださっているから、それを訪ねて、見たり聞いたりがすばらしく面白い。

なかでも呉服と染物の商いをされていたところで見せていただいた「麹塵(きくじん)」という布は、天皇のご衣裳や仏像の体内に納めるものを包んだりする布で、それは禁色で「黄色」だとされる布ですが、光によって緑に見えたり赤っぽい茶色に見えたり、私たちが書物で受け取る脳内のイメージを遥かに変える、不思議な布でした。

寒くなったので途中で寄った最初の喫茶店ではぜんざいが380円!
最後に地下鉄「平野」駅の近くのケーキ屋さんの店内の喫茶店では、ロールケーキとサイフォンで淹れたコーヒーのセットが450円!
ほんとうに物価も安くて人情も篤くてよいところでした。

時間が足りなくて回り残しがあったので、また行きましょう。

ということで、3日間で平野駅3駅を制覇。
残りのもう一つは福島県の「平野」ですから、これは行くのはちょっと無理ですね。

と、まあ、私の平野巡りでした。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

野菜詰め放題

近所の八尾西武でクラブオンの会員は1割引・2割引で商品が買えるというので、本格バーゲン前だったけれど、サイズがまだ揃っているうちにと、今日、私は前から欲しかったちょっと高めのGパンと夫のセーターを買いました。

双方の売り場でレシートを渡されるときに、「このレシートで一階の抽選会場でガラガラ抽選ができる」と言われ、何が当たるのかよく聞きもしなかったけれど、帰りがけに歩いていたら前に抽選会場があったので、暇だったし、5人ほどしか並んでなかったので、では、と私もガラガラを2回しました。
そうしたら、初めので黄色い玉が出て「当たりです!」と、鐘も派手に鳴らされました。
わっ、何が当たったんだろうと、びっくりするやらワクワクするやら。
すかさず女店員が「おめでとうございます!!」とビニールの袋を1枚渡してくれました。
当たりは一種類で、「袋に野菜詰め放題」だったのでした。あははは。
スーパーではなく、デパートですよ。
それも一階フロアの、ど真ん中。

たしかに、よく見たら、抽選会場の後ろの方に、一段高くして緋毛氈を敷いたところがあって、その上のテーブルに段ボール4箱(ニンジン、ピーマン、メークイーン、たまねぎが溢れんばかりにいっぱい)ありました。
それで、うれしハズカシ、私は緋毛氈の壇上で、袋に野菜を詰め込みました。

私が当たった後は、なかなか当たらないようで、たった一人、その緋毛氈の上で、ちょっと変な汗かきながら、袋にメークイーン(嫌いだ、男爵は大好きだが)以外の野菜を詰めました。
高級化粧品やアクセサリー、ハンドバックなどの売り場の前ですから。恥ずかしい。

で、まあ、口のところまで入ったと思ったので、
「これくらいでしょうか」と付いている店員に渡そうとしたら、
「まだいけますよ。ニンジンとかピーマンとかもう少し入れませんか」
「えっ?」
たしかにまだほんの少し隙間はあるけれど、横に長いニンジンは無理だろう、ピーマンも入るやろか、どうやろ、と戸惑っていたら、その店員さんが、
「入れましょか?」
と言って、ニンジンを縦に突っ込んで、ピーマンもうまいこと入れ込んでくれました。
すごい。
袋からニンジンもピーマンも出てはいるけど、袋からこぼれてはいない。
はは~ん。
詰め放題っていうのは、袋からこぼれなければそそり立っていてもOKだったのでしたか。
修行が足らん。大阪のおばちゃん、にはなりきれていない私でありました(反省)。

で、恥ずかしくはありましたが、壇上から降りると、なんだか、とっても嬉しくて、重たい荷物を抱えながら、ほっぺた緩ませながら、自転車で帰宅しました。
西武のキャラクターグッズ貰うより、よっぽど幸福です。
近々ピーマン入りのハヤシライスし~ましょ。


テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

解禁日でしたか

今日11月19日は、今年のボジョレー・ヌーボーの解禁日。
だからスーパーのチラシは「ワインに合う」がキーワードのようにお肉や商品が並んでました。
でも、ヌーボーってどうなの。
実は、私自身は赤はボディがあるほうが好きなので、ボジョレー・ヌーボーは…。
ま、昔はいろいろ飲んでウルサイ事も言ったこともあるけれど、このごろはとにかく安くて料理の邪魔しないのがいい。
そういえば、このごろ見ないけれど、ブルガリアのトラキア、あれわりと気に入っていたな~(遠い目)。たまに飲んでみたい。

去年の今日は夫の母が胃を3分の2摘出した日。
去年は大阪女性文芸賞の選考会やその後の作業(これも発表は報道機関には解禁日をもうけさせていただいてます。笑)と重なって、公私共に忙しかったけれど、おかげさまで母は超元気に戻りました。
1年って早いな。年を取るわけだ。

年を取るといえば、今日、お誕生日で、還暦を迎えた、協会にとっては恩人がおられます。
M尾様、おめでとうございます。
どうぞお元気でますますご活躍ください!

年が明けたら、私もまた一つ年を取る。
ワインと女は年取ったほうがいいってほんまかな。


テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

風が強い日でした

今日は日曜日。
夫は夜中の1時に起きて(ほとんど寝ないで)、2時には釣りに出かけました。

2週間前に、職場の友人と、明石の釣り船に乗ってハマチ1尾に真ダコ1つ、イイダコ15、6ほどを釣ってきたのです。真ダコは小さくて、イイダコにいたっては普通のイイダコサイズの物は一つだけで、頭が小指の先ほどのかわいらしい、ウインナーで作るタコほどの大きさのやら、あって、でもどれも結構美味しかったのです。
近所の百貨店の地下で、夫が釣ったくらいのハマチが明石直送昼網ということで5000円で売ってまして、小さな真ダコも500円ほどの値段が付いていたんです。
うれしくて、それを夫に話すと、乗船するのに6000円の安い釣り船だったそうで、元は取れた、とばかり気をよくして、また今日出かけようと同じメンバーで出かけたのでした。

で、私、7時頃に目が覚めて、ふとなにげに隣の布団を見たら、ゲッ、寝ているやんか、夫が。
うっそ~~。
夢か。
そう思いました。それで、見んかったことにして、もう1回寝ましたがな。
9時頃、居間で物音がするので、本気で起きて、居間へ行ってみたら、夢ではなくて、夫がテレビを見ておりました。
「どうしたん?」
「うん。戻ってきたんや」
「何で?」
「風があるから、船が出えへんかったんや」
そういえば、今日はとても天気が良いのに風の音がかなりしておりました。
せっかく明石まで行って、かわいそう。

今日は夫は釣りに、私は詩人の三井葉子先生の第1回小野賞受賞と『楽市楽談』の出版のダブルのお祝いをするパーティに、と、別々に出かける予定でした。
ですから、お昼ご飯を食べた後、「釣具屋でも見てくる」と出かけた夫と私は、別行動。
外を歩いていると、本当に風が強くて冷たい日でした。

その寒くて逆風の強い外とは大違い。
三井先生のお祝いの会は熱気あふれ大盛況でした。
あたりまえだけれど、周りは詩人ばかり。
散文とは違ったところがあって、面白かったです。

「詩は多くの言葉の中から言葉を選び、文章を削って研ぎ磨きあげる感性が重要」「小説は、感性はもちろんだけれど、最後に物語をまとめ上げる体力が必要で、その体力があることが重要か」、とか、同じテーブルでいろいろ文学論を話しました。

寒くて、熱い、けっこう面白い一日でした。
(あ、夫には今日はかわいそうな一日でしたが、いつも仕事でしんどいのですから、今日のように何もしない日も、身体には良い日だったと思います)



テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

「大人の合コン」で二日酔い

昨日、前から約束していたメンバーで大阪の梅田で飲み会をしました。

そもそもは、ひと月ほど前にあった某新聞社主催の懇親会が発端で、終了後もしゃべり足りなかった女性3人と会場の外のソファに腰掛けて、ほろ酔い(酔ってたのは私だけかも)でしゃべっているときに、たまたま通りかかった新聞社の男性3人。
そこで足を止めて、なんだかかんだかと話して、ちょっと笑って、そのうちに「今日は遅いのでまたいつか、このメンバーで合コンしましょう」ということになったのでした。
というのも、女性メンバーの1人が結婚することに決まって、そのめでたい話で沸いていて、そのお祝いも兼ねて、飲み会しましょう、というような流れになったのです。

その「飲み会」のことを「合コン」と言ったのは私だったようで。
まあ、男3人、女3人でしたからね。
しかし学生時代も「合コン」というのはしたことがない私。
潜在的に合コンに憧れがあって一度してみたいと思っていたのか、わからんけれど、酔ってたから言ったのね。ちょっと未だになんで合コンといったのか謎ですが、謎なことをしょっちゅうする私ではあります。
それから「今度飲みましょうね」なんて言うのは社交辞令のようなもので実現しないことが多いので、それも実現するとは思っていなかったのですが、まめな幹事が責任持って連絡をつけてくださったおかげで、ひょうたんから駒のように、昨日めでたく「合コン」が開催できたのでした。
メンバーには独身女性がもう1人プラス華を添えて、イタリアンのお店で乾杯しました。

乾杯のビールは初めて飲むイタリアのビールで、乾杯した後で、そのビールのレッテルの説明書きを改めて見たんですが、ほとんど全員がビール瓶を離して字を見てまして(おいおいおい)大人の合コンってこういうもんなんや~、と皆で爆笑しました。
で、この11月1日に入籍した新婚さんであるN瀬さんのお祝いということで、大いに楽しく、盛り上がったのでした。
N瀬さん、ほんとうにおめでとう! どうぞいつまでもお幸せに。


ということで、今日は半日、二日酔いでした。
(ちゃんと朝食作って夫を送り出し主婦の仕事はしましたけれど)





テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。