スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(10)高野と竹野

時空を超えて(10)

前回の話にすこし関係がある話になります。

古墳に生きたまま殉死者を埋めるのを止め、代わりに野見宿禰の子孫の土師氏が埴輪を作りそれを埋めるようになった、という伝承だが、その初めは丹波道主王の娘で垂仁天皇の皇后になった日葉酢(ひばす)媛の墓からだということになっている。

その日葉酢媛だが、物語では、嫁入りの際、一度に姉妹が数人揃って天皇の後宮に入った(記紀により微妙に姉妹たちの名前と人数が違う)と書かれている。しかし、垂仁天皇は美しかった姉の日葉酢媛たちを残して、醜い方の妹は非情にも返してしまった、というのである。
返された方の妹は、「同じ腹から生まれた姉妹の中から、姿が醜いからと返されてしまって、後で近隣の里に聞こえたら、とてもはずかしい」と思い、相楽で木にぶらさがって死のうとしたが、死ねず、弟国の淵から飛び下りて死んだ。
相楽は木にぶらさがったからサガラになり、弟国(乙訓)は彼女が落(堕)ちた国だからオトクニになった。いわゆる地名の由来の話になっている。
であれば、日本書紀には書かれていないが、この近くにある「羽束師(はつかし)」も彼女が恥ずかしいと思ったからハツカシになったという話があったに違いないと私は思うが、それは消えている。

「はずかし」という部分、ここは土師(はじ)氏や泥部(はずかしべ)氏にかかわる部分で、この部分が消えたのは、もしかしたら記紀編纂の時代に近い間人皇后の「はしひと」、あるいは聖徳太子の母で、用明天皇の皇后・穴穂部間人(あなほべのはしひと。ほかに「泥部穴穂部」とも書かれる)皇女に遠慮があって(不細工で戻されたので飛び降り自殺、だもんな)のことかもしれないが。
泥部で「はしひと」あるいは「はじひと」と読む。
泥は「どろ」以外に「ひぢ」ともいうそうで(土をヒジとルビをふったものが日本書紀にも風土記にもある)、つまり土師氏ハジも泥部氏ヒジも同じで、そもそもは粘土からくる名前ということである。

醜いために返された妹というのは、「汚い泥だが焼いて器にすれば永遠に形の残る物」を表していて、それは記紀の始めに出てくる天孫のニニギノミコトが美しかった木花開耶姫だけ娶って醜かった磐長姫を返したがために、子孫の天皇は石のような永遠の命が得られなくなったという話と構造は同じである。
垂仁天皇は永遠の命を求めタジマモリを常世の国へ遣わせながらも、それが間に合わず亡くなった。何故願いが叶わず死んでしまったか、ということが、泥粘土の彼女を返したからだ、と本来は判るように作られていたのかと思う。
単なる地名の由来説話ではなく、教訓めいた話にもなっていたのではなかろうか。

乙訓や相楽の近くにある羽束師(はつかし)は土器制作に関わる西泥部(かわちのはずかしべ)の居住地であった。
実はそのごくちかく、乙訓に桓武天皇の母・高野新笠の母方の里の土師氏(後に大江氏になる)も集団で居住している。このあたりにはよい粘土が採取できるのだろう。
(この土師氏と泥部氏は、名前が違うから祖先が違うと各々が信じているのはわかるが、ほかにいったい氏族としてする仕事について、どこがどう違うのだろう。興味がある)

さて、戻された妹娘だが、日本書紀では「竹野媛」という。竹野と書いて「たかの」である。
(ちなみにその少し前の開化天皇の皇后も「竹野」で、同じ名前であるが)。
まったく関係が無いのかもしれないけれど、桓武天皇の母は息子が即位した後で「和新笠」から「高野」姓を得た。高野は彼女とその無くなった父のみに特別与えられた名前である。
乙訓を舞台に、高野と竹野、面白い一致である。
偶然かもしれないとは思うけれど。

*このシリーズのコピペは禁止です。


スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

(9)土師氏と童謡(わざうた)

時空を超えて(9)

前々回の時空を越えて(7)で、
梁塵秘抄口伝集にある土師氏と熒惑星の話を書いた後で、
なんだか思いつくことがまたもや出来たので、今回はその話を書こうと思う。

まず、7回目の一部をコピーしよう。
「梁塵秘抄口伝集の冒頭にも用明天皇の時代に、和歌ではなく歌謡の歌だが、声のよい歌の上手い土師氏の男の歌に唱和し、ばれそうになって逃げて住吉の浦に沈んだという熒惑星(火星)の話が書かれている。
住吉の神は昔から星と関係があるといわれているので、これなども歌と神が関わる話に入る。
(しかも、土師氏の男が歌が上手くて今様の元になったという伝承だが、土師氏はそもそも殉死を止めるべく古墳に埋める埴輪を作った氏族で、葬礼や陵墓に関わる仕事をした、つまり、「遊び」に近い氏族である。遊びと歌とも関わるこの部分も面白い。しかも土師氏から菅原道真の菅原氏は出ているからなおさら面白い話である。さらに熒惑星というのは予言と関わる童謡わざうた、呪力のある歌を司っている星らしい)」

これを私は書いた後、引っかかってしょうがなかった。
実は、日本史上の大きなターニングポイントである奈良時代末から平安時代始めにかけて、天皇の皇位にかかわる童謡(光仁天皇と桓武天皇に関して予言したわざうた)がはやったという記録があるのだが、その童謡にかかわる鍵を土師氏が握っていたと推理したら、とても面白いというか納得できると思い始めたのだ。

すこし長くなるが時代背景とその童謡について書く。

奈良時代最後の天皇は女性の称徳(孝謙)天皇である。
この女帝に関しては、次期皇位を皇族ではない僧の道鏡に譲ろうとしたが和気清麻呂によって阻止されたという有名な話が残る。このあたりの称徳女帝の逸話はその後に政権を握ったものたちによって、かなり愚かにえげつなく変えられたところがあるかと思うが、それはともかく、そのような子供のいない独身女帝の、次の皇位はどうなるだろうかと混沌とした頃に、まず下記のような童謡がはやったというのである。

葛城の寺の前なるや 豊浦の寺の 西なるや おしとど としとど
桜井に 白璧沈くや 好き璧沈くや おしとど としとど 
然してば 国そ昌ゆるや 国そ昌ゆるや 吾家らそ昌ゆるや おしとど としとど

(葛城の寺の前にある、豊浦の寺の西にある桜井に白い璧が沈んでいる、よい璧が沈んでいるよ、そうしたら国は栄えるでしょう、国は栄えるでしょう、我が家も栄えるでしょう。──おしとどは囃子言葉といわれる)

称徳女帝は一人っ子ではない。血を分けた井上内親王という立派な異母姉が生きていた。
井上内親王は、皇族として、称徳とは一番血が近かったが、藤原氏以外の腹から誕生したため、政権を握りたい藤原氏によって遠ざけられ、子供の頃から20年も伊勢で斎宮をしていた人である。
しかし、彼女、斎宮職を解かれ都に戻ってから、当時の女性としてかなりの高齢だったが、天智天皇の孫の一人である白壁王と結婚し、男子を出生した。
この童謡の、桜井はその井上内親王のことを暗示していて、白璧の字が似ているので白壁王をさし、璧は玉座の玉、つまり天皇のことをもあらわしているといわれている。
──私は、他にも出だしの「葛城」は白壁王の祖父・天智天皇(一般には中大兄皇子といわれているけれど、本当は「葛城皇子」だから)の関係ということをもあらわしているのかとも思うんだが…。

さて、即位前に、この歌が流行り、そして称徳天皇が急死した後、歌詞の希望どおりに、彼が皇位を継いで光仁天皇となった(ちょっと乱暴な言い方だが婿養子的に白壁王が皇位を継いだのである。井上の腹にできた他戸皇子を次期天皇にすることで)。
ところで、すでに高齢だった白壁王には井上内親王と結婚するより前からの妻が他にいて、そこに子供が3人いた。妻は百済王族・和氏の娘で高野新笠といい、彼女との間にできた長子が、後の桓武天皇になる山部皇子である。
この高野新笠、実は、その母が土師氏なのである。
高野新笠の立場で、平たく言えば、皇族とはいえ日の当たらない白壁王と結婚して、地味に幸せに暮らしていた一家のもとへ、突然、天皇の姉が後から正妻として嫁いで来、その縁で夫が天皇になった、ということになる。百済王族の末裔の和氏出身では身分から言っても太刀打ちできるはずも無く(母方の土師氏の力の方が和氏より大きいくらいで)、夫が天皇になったことで、自分の産んだ子供たちも親王、内親王になった。これは彼女の実家の和氏にも土師氏にもまたとないチャンスであった。

この機会に、土師氏は、土師氏の名前は葬儀に関わる名前になってしまっている現状を憂え名前を変えてもらうよう願いを出し、認められ、菅原、秋篠、大枝(大江)に変わった。(藤原氏が、中臣氏から藤原氏に名前を変えて不比等以降、神官ではなく政治家になれたように。)──この改名は菅原道真の曾祖父の時代のことである。

話を戻そう。
光仁天皇が即位して後、数年の間に、次期皇位をめぐって、陰謀と思われるような事件が起こり皇后の井上内親王と彼女の産んだ他戸親王は皇后と皇太子を廃され、幽閉され、そこで揃って死亡した。
天皇の姉の難波内親王を皇后が呪詛し殺したと大逆罪の嫌疑をかけられ暗殺されたらしい(らしいというのは、証拠はないけれど同日に死亡したので)。言いがかりである。当時の天皇じたいが70歳くらい、その姉である。わざわざ呪詛やらしちめんどくさい厭魅やらしなくとも、黙っていても、お迎えは来る年頃である(失礼!)。そのため後で井上内親王と他戸親王は怨霊になったと怖がられた。

彼らの死により、光仁天皇の後の皇位を継いだのは、山部皇子であった。
これこそ、山部の母方につながる氏族にとって、願っても無い幸運ではないか。

その山部皇子にも、即位前、彼の即位にかかわる童謡がはやった。

於保美野邇 多太仁武賀倍流、野倍能佐賀、伊太久那布美蘇、都知仁波阿利登毛
おおみやに ただにむかへる やへのさか いたくなふみそ、とちにはありとも

(大宮にまっすぐむかっている やへの坂(八重の坂だろうが音が似ている山部をさす)、あまりどんどん踏みつけてはいけない、土であっても。──註 これは図書館から借りてきた講談社学術文庫「日本後紀」に書かれた上記万葉仮名を(この部分、文庫の現代語訳が歌らしくはなく意味だけだったので)、わたしが独流で字をカナにあて、歌らしいものにしたので、あてたカナが違うところがあるかもしれません)

土師氏というのは、何度も書くが、葬式儀礼、陵墓の建築に深く関わる氏族で、おそらく一般に仁徳天皇陵や応神天皇陵(この近くに土師氏の集落、「土師の里」がある)といわれるような巨大古墳も彼らが中心になって造ったはずである。
それら人夫を動員できる=軍隊としての力もあったようで、日本書紀を読むと、蘇我氏が大きな力を持っていた頃、蘇我氏の重臣、時には手先として戦っている。聖徳太子の子の山背大兄皇子が撃たれた時も土師氏が蘇我入鹿の命令で行く(このときにも童謡が流行ったとある)。
外交官として中国へ派遣された者や、続日本紀の編纂に関わる者もいたり、文武ともに逸材が多い、なかなかしたたかな氏族なのだ。

こうして並べてみると、童謡というもののずいぶんそばに土師氏がいるような気がする。
少なくとも、光仁天皇の即位、山部皇子の即位には、従来いわれている藤原氏の中の藤原百川らが謀って担ぎ上げた、というほかに、山部皇子を産んだ高野新笠の母方の実家の土師氏が特別な後押しをしておかしくはない気が私はする。

梁塵秘抄口伝集の冒頭に書かれた土師氏と熒惑星(童謡と関わる星)が唱和したという逸話は、後白河上皇が『聖徳太子伝暦』から引いた話であるが、その聖徳太子伝暦が著された平安時代の917年頃までに、実は歌謡がうまい土師氏というだけでなく、裏に童謡にも関わっていたのではなかろうかという、そういう意味までふくめて、あったからこその伝承ではなかろうか。
童謡は、歌垣で、誰が歌うとも無く、世相を風刺したり予言したりしたものが流行ったものだ、というが、その操作はしようとおもえば簡単な気がするが、どうであろう。

最後に、歌垣について、河内の「土師の里」でも歌垣が行われた。
それは令集解に「但此条遊部謂野中古市人歌垣之類是」と書かれているので判るのだが、いかにも土師氏らしい、葬送儀礼にかかわる遊部に属する特別な歌垣があったということである。もっと具体的にいえば挽歌専門の歌をつくる人々がいたということである。
土師氏と童謡(わざうた)がつながっているとはっきり言えないが、すくなくとも「歌垣」と土師氏が深くつながっている根拠にはなるかと思う。

このシリーズ、コピペは禁止です






テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

大丈夫、生きてます!

サバフグ、結局、さばいて夕飯のおかずになりました。

ネットで、ほんとうにサバフグか、確認(シロサバフグだった。黄色~金色に近い)。
ついでにさばき方を書いているブログを発見して、
その通りにやってみました。

おーおーおー。
血一滴も出さずに、上手に包丁と指をつかって、
皮も内臓も一つながりにつけて剥くことができました。
(頭も包丁で落としてそのまま皮や内臓とつながった状態で)
それらを捨てて、残った身だけを流水でしっかり洗い、
ペーパータオルで水をふき取ったら、
あら、まー。
いつも市場で見ている裸になった状態のフグになりました。

せっかくなので、暑いけれどてっちりにしましたが、
この魚は、同じフグでも、トラフグとは味の差がありすぎ
鍋なら、カワハギのほうがまだ数段美味しかった。

ってことで、唐揚げにするべきでした(残念)。
しかし、不味くはなかったんですよ。
ただね、唐揚げならば、ぜったい美味しかったのに、
と、惜しいことをした気分なのです。

ともかく、毒は無くて、生きてます。

フグをさばく前に私のした事は、
10日後に法事があるので北海道の実家に帰るのですが、
そのときに父と食べようと、大切に取っていた佐賀の小城ようかんを
冷蔵庫からむんずと掴んで出し、切って食べたのでした。
1メモリ半(つまり一人分より多かったのね)も食べた。

これでフグに当たって死んでも悔いはない、って、か。何それ。
でも小城ようかん、おいしかった、やっぱり。
先月、佐賀で買って以来村岡総本舗のようかんが気に入ってます。
昔ながらのお砂糖じゃりじゃりのは大阪には無いけれど
日持ちするほうの普通のようかんは阪急百貨店の地下に売っているを、
下読み会議の帰りに見つけて買っていたのです。

父には、また今週の会議の帰りに買っても、まだ間に合うし、ね。
しかし、なんて食い意地の張った女であろうと
自分でも今更ながら思い知ったしだいです。

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

ほんまに大丈夫か

私の夫の趣味は釣り。

「濡れ落ち葉」という言葉が盛んに言われていた頃
(もう10年以上も前になるかな)
まだすこし早いけれど、そのうち来る老後のために
貴方も一人でできる趣味を持ってくださいね、
なんて話になって、それでは、と夫が始めたのが釣りだった。
夫の場合、それがハマッタ。

そんなことで、自分の都合のよい日で、天候がよければ
必ず釣りに出かける。
舟で沖まで出て、釣り糸を垂れていると、
空気もよくて、景色も都会と違って気持ちがよく、
魚との知恵比べもあって、
なかなか奥が深くて楽しいものらしい。

昨日は剣先イカ狙いで、夜中の2時(もう今日になっていた)に帰ってきた。
その釣り船は、太陽のあるうちはイサキを狙っていたのだが、
持って帰ってきたのはゴマサバ2尾(まあ今が旬。マサバは寒いときが旬だけど)
初めて見るヒメアジ1尾(35センチくらいの大きさでヒレがピンクだった)
それで、もうひとつけったいなもん、フグ! なんか黄色い色して。
本命のイカは9ハイあったけれど、
どないするのん? そのフグ!!!

夫は「サバフグ、毒が無いフグだから、大丈夫や」
とノタマッタが、なんか信用がならんよね。
今、ほかの物はそれなりにさばいたり、もう今夜食べられるよう料理もしたけれど、
(昨日も深夜に夫がシャワーしている間に剣先イカで刺身とかき揚げ天麩羅して、我が家の夕食は深夜の3時頃に一杯やって盛り上がった)
フグに関しては、ほったらかしてる。
(夫は昼から仕事に出かけて留守である)

ほんまに、ほんまに、毒無いのか。
たまに毒のあるもんがいたりせえへんのん?
で、そんなことがあって、それに当たったら、どないしますの?

と、いうことで、そのフグが今夜のメニューになるか、どうなるか。
(トラフグだったら迷うことなく、近所のフグの免許持っている居酒屋にいってさばいてもらうのに)。

たまに近所のスーパーに
サバフグ皮をむいた状態で売っていて
それが売れ残って値引きシールがついてたら
買って唐揚げにするのだけれど
メチャ美味しくて、まんぞくなんだよな~。

ということで、悩んでる。
ほんまに大丈夫やろか。

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

まだ梅雨

今日も雨でした。
ここ数日毎日34度とか35度とか
暑くて、今日は湿気もハンパではなくあったもので
大阪の街中を歩く中高年はもちろん、若い人の足も重そうでした。

今日は下読みの会議の日でした。
私はキャリーバッグにたくさん応募原稿を積み込んで、
電車を乗り継いで大阪駅そばの会館まででかけました。
荷物が重いので、階段はなるべく使わず、
エレベーターかエスカレーターがあればそちらを利用します。
ところがどうでしょう、
乗換駅のエスカレーター前が異常に今日は混みあっています。
エスカレーターに乗る順番待ちで老若男女大勢4、50人ほど溜まっていて、
横の広い階段を利用する人がパラパラしかいません。
しかもエスカレーターの右側だけに人が乗って(大阪は急ぐ人は左なので)
左側には上までほとんど人が乗っていないのです。

みんな暑くてだるくて、楽がしたかったのだと思います。
だからエスカレーターの左側が誰もいないのに
歩いて上らないでもいい方の右側に乗るため
順番待ちしていたのでしょう。
変なものです
(それなら左に乗ってもいいのに、左なら歩いて上らないと後ろから来る人にわるいとまじめに思ったんでしょうね。2階のホームに電車が来てましたが、いつもなら駆け込み乗車あたりまえなのに、今日は見ませんでした。私も走る気力もなかった)

イラチ(せっかちのことをいう大阪弁)が多くて
歩くスピードも日本で一番速いと言われているのに、
もうそんなことも返上で、
暑さでみんなぼーっとしていたのかしら。
すくなくとも私はそうでした。

夏はこれから本番なのに
その前に、もう、こんな感じです。
いや、その前だから、まだ身体が暑さになれていなくて辛いのかも、ですね。
(しかし食欲は失せません。あまり動かないで食べるので、夏はあんがい太る私。笑。)


テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。