最終確認を

応募原稿が続々届いております。
受付作業も順調です

さて、毎年ですが、何件かご自分の連絡先電話番号が書かれていないものがあります。
受賞の場合、すぐに連絡するにもしようがありませんので、困ります。
またケータイの番号のみの応募原稿が最近非常に多いです。
念のために家の電話も書いてください。

また、ご自身の資料にあたる用紙(タイトル住所名前略歴等を書かれた用紙)に
郵便番号が書かれていないものもかなりあります。
私どもでは必ず応募者には受け取りハガキと、後日結果報告のための冊子『鐘』をお送りいたします関係上、住所はパソコンで入力して来年の2月まで保存します。
その作成の関係上、郵便番号は必ず資料の紙にもお書きください。

直筆の原稿は、直筆で書かれたものの方を送ってください
コピーの分は認めません。
ただし、インクリボンも今や売っていないような古いワープロで原稿を作成し、感熱紙で印刷された場合は感熱紙は字がわずかな油や熱などで消えてしまう恐れがあるので、感熱紙で応募されるよりはまだコピーされたものの方がありがたいので、感熱紙印刷の場合のみコピーは可です。

記入漏れなど無いか、どうぞ、最終チェックをしてお送りください。
スポンサーサイト

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

無事終了しました

おかげさまで、5月23日の吉村萬壱さんの文芸講演会、たくさん集まってくださいました。
おいでくださった方々、ありがとうございました。
心からお礼を申します。

新型インフルエンザで大騒ぎのなかですから、10人くらいしか集まらなくても仕方が無いと、覚悟をしていたのですが、なんのなんの、1時半開場のすこし前からお客様がおいでになって、どんどん続いていらっしゃる。
結局は、9割の入りで、本当にありがたかったです。

しかも、思いがけず、京都にお住まいの新進作家の谷崎由依さんと藤野可織さんが揃って聴講に来られたり、かつて新聞社の文芸担当記者さんとしてお世話になった方が複数、「取材ではなく一個人として聴講に」とおいでくださいました。ほかにも芥川賞候補の作家弓透子さんや和田ゆりえさんのお顔もありました。それ以外にわたしが存じない方で素晴らしい方がいらしたかもしれません。

吉村萬壱さんの小説作法をプロもそれだけ興味を持っているのだと改めて思いました。
内容はとても分かりやすくて、ユーモアにあふれ、作家吉村萬壱の企業秘密のような、濃いお話が伺えました。

終った後で、谷崎さん、藤野さんも参加して、協会スタッフ有志と(新聞記者のN川さんをも誘って)、吉村さんを囲んで、打ち上げ、飲み会しました。
お店で飲み放題のコースを頼んで、飲んだ、飲んだ、みんな強い!
(私は生ビール1杯麦ソーダ割り3杯だったけれど、それはみなさんに比べると少ないほうでしたよ。もっとも、私も20代のころは一升酒飲みましたけど。笑)
そのお店を追い出されて、2次会でさらにワインを2本空けました。

何を喋っていたのでしたか。今となってはさだかではありません。とにかく楽しかったです。

開催についてずいぶん悩んだのでしたが、中止にしないでよかった。
気持ちよい疲労感と充実感を味わいました。

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

開催する予定です

5月23日午後2時からの
吉村萬壱さんの文芸講演会
「なにをどう書いたらええねん!」
ドーンセンター 
アクセスhttp://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
は、当初の予定通りに開催いたします。

マスクは少しご用意いたしております。
(会員さんからご寄付がありました。ありがとうございます)

どうぞお越しください

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

日本郵便の「レターパック」

日本郵便ではレターパックというサービスを始めたようです。
応募作品の受付作業の中で見つけて知りました。

いままでのエスクパックに代わるものです。
料金は2種類あって、安い方の物が私が留守でもポストに入れてくれるので私は助かります。
速達扱いですし、配達されたかどうかは応募者はパソコンでご自身で確認できますから簡易書留より、合計すれば安くて便利かと思います。

話は変わりますが
応募作のタイトルは大き目のフォントを使ってください。
できれば小説の冒頭は、タイトルから数行離して印刷してください。

応募規定の枚数で、きっちり最後の行までいっぱいだった場合は
その分数行はみ出ても結構ですから
タイトルと作品はすこし離してください
そのほうが読み易いし
作品を下読みで会議する場合も
タイトルが何か一目で判ったほうがありがたいのです。

また、作品をパソコンで作成した場合
略歴等もパソコンで縦書きで印刷してください。

どういうわけか作者自身の資料だけ線の無い白い用紙に手書きだったり
印刷してあっても横組みだったりするケースがあるのです。
何度も申しますが、資料の部分にも必ずタイトルを書いてください。
あと、お名前にはカナをふってください。

どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

23日講演会の件

新型インフルエンザが大阪府内各地で出たことにより
発生地域の集会場など公共施設は23日まで休館、
というような通達が大阪府知事から出ております。

ドーンセンターは府立の施設です。
知事の通達には、(政令指定都市のため)大阪市内は含まれておりませんが、
大阪市内からも感染者が出ているようなので、
ドーンセンターが23日まで休館する施設に該当するのか、
よくわかりません。
(本日はセンターも定休日のため、確認が取れません)

このような状態で、
私どもの主催する23日の「吉村萬壱さんの文芸講演会」に関し、
開催をどうするか、ご心配の方も多いと思いますが、
センターに確認をした上で、私どもの理事会で検討し
明日の夕方までにははっきりしたことを、お知らせいたします。

その旨どうぞご了承ください。

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード