大阪女性文芸賞流・下読み

今日は大阪女性文芸賞に応募された作品はどのように選考されていくかをお話しいたします。
参考になさってください。
ただしあくまでこれは大阪女性文芸賞流です。他の文学賞はこの通りではありません。

応募作品は、まず本部で封筒を開け、作品と個人データの書かれた用紙に受付番号を付けます。
タイトルと個人データの書かれた用紙は、受賞が決定したときなどに連絡するために作品とは別に保管いたします。
応募した小説の本体はタイトルと本文のみで、名前が書かれている場合は名前を墨で判らないように消し、それで下読み(候補作まで選考する者)に回します。
つまり学歴がたとえ東大卒であろうと、過去にどんな受賞歴があろうと、他でどんな活躍をした方であろうと、下読みの知人であろうと、判らないよう、公平にするためにそうしております。
ですから、略歴などの用紙と、作品の冒頭の両方にタイトルは付けてください。
そしてパソコンなどで印刷の場合タイトルの字は本文よりは大きめにしてください。

さて、次にそうした原稿はまず大きな箱・数箱に集めます。
そして順次下読みの皆さんへ一人に一回5~7作を発送します。
またキャスター付きの旅行かばんに作品をギューギューに詰めて、選考のために下読みが集まる会議の場所へ持って行って手渡しもいたします(だから作品を紐でとじていただかなくてはこまるのです)。
下読みたち(およそ10人)は週に一度会議をしながら作品を落としていきます。
ただし、たった一人が一回読んだだけで落としたりはいたしません。
どんな作品でも最低二名の下読みが目を通して落とします。
すこしでも「残そう、もう一人か二人に読んでもらおう」という作品は残します。
そうして会議をしながら意見を交わしながら、落としたり、残したりしていきます。
小説の評価というものは、読み手によって違います。
ですから毎回かなり激論をたたかわせながら進めて行きます。
候補作にしょうかどうしようか、というような作品は下読み全員が読み、最後に投票で決めます。

応募総数から候補作5作にしぼるまで、そのように時間をかけて決めていきます。
応募者は早く結果が知りたいでしょうが、それが大阪女性文芸賞流です。
書く方々も一生懸命書いたのでしょうから、読む私たちもそれに応えて命がけ、というような気持ちでやっています。
毎回一人で100作は読むと思います。
たいへんなことですが、それでも佳い作品にめぐりあえたら、幸せな気持ちになるものです。

ご応募お待ちしております。



スポンサーサイト

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

応募の際のお願い

第27回大阪女性文芸賞の応募締め切りは5月末日です。
今回から賞金金額が30万(受賞作)5万(佳作)に減額になります(すみません。不況で協賛金が減っております)。
応募については 応募要項を見てください。
また私ども「大阪女性文芸協会」のことについても、公式サイトでご覧ください。

ぼちぼち応募作が届いております。
そこで応募される方にお願いです。
応募作は必ず右肩一箇所にパンチかキリで穴を開けて紐でとじて送ってください
ダブルクリップやホチキスでとめただけでは、原稿がバラバラになる可能性が高いのです。

また現在送られている方の大半が郵便のエクスパックを利用されておられます。
送付先である大阪女性文芸協会の本部というのは実は代表の私の自宅なんです(笑)。
私が留守をしますと500円のレターパックや書留など受け取り印のいるものはすべて郵便局へもどります。
直筆以外の、パソコンやワープロで作った原稿であれば、できれば普通郵便かレターパックの350円の分でお送りください。
受け取りのハガキを後日大阪女性文芸協会からお送りいたします。

勝手ですがなるべくお願いいたします。

まだまだ締め切り日まで時間がありますので、しっかり推敲してからお送りください。

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

講座あれこれ

これからの私の講座の案内です。

3月31日(火曜日)午後1時半から
守口市三郷公民館
文学講座 「松本清張の生涯」
(定員になりました)

4月7日(火曜日)午後1時半から
リーガロイヤルホテル大阪
リーガクラブ講演会
生誕100年「太宰治──その作品と生涯」
会員制のリーガクラブの講座ですが、今回のみの一般参加(3000円)も募集中です。
申し込み、お問い合わせは06-6441-2938(リーガロイヤル・講座予約直通)

う~む。生誕100年の作家の話を一週間おきにするか…。
この二人の活躍時期が微妙にすれ違っているのも面白い。


4月28日(火曜日)午後1時半から
リーガロイヤルホテル大
エコールドロイヤル一回講座
尾川裕子の文学講座
「三島由紀夫の生涯」
和菓子とお茶付き3800円
こちらはすべて一般参加。
申し込み、お問い合わせは06-6441-2938(リーガロイヤル・講座予約直通)
詳細はホテルのHPのカルチャーをクリックしてご覧ください


番外でトークイベント
4月23日(木曜日)午後2時から
ジュンク堂大阪本店3F喫茶前
カリフォルニア在住の芥川賞作家・米谷ふみ子さんと私とのトークセッション
米谷さんが新刊「年寄りはだまっとれ」を出した記念イベント
大阪出身の米谷さんとは5年以上のお付き合い。
久しぶりのお里帰りで、またトークが炸裂しそうでお相手する私としても楽しみです。
これは無料。
詳細はジュンク堂大阪本店に問い合わせてください

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

ブログ デビュー

初めまして。
大阪女性文芸賞関係のお知らせと私個人の仕事のお知らせ&日々の雑感を書くためのブログを作りました。
ブログは初めてなのでまだテスト段階です。
ご了承ください。ぼちぼち書き進めてまいります。

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

尾川裕子

Author:尾川裕子
大阪女性文芸協会代表
日本文藝家協会会員

「晴れたらいいね」というタイトルは、「毎日が明るい日であればいいね」と思う気持ちと主催している文学賞の応募者に「あなたの作品が受賞できたらいいね」という思いを重ねたものです。

応募希望者は「応募希望者へ」と「大阪女性文芸賞」のカテゴリをごらんください。

おしゃべりと食べることお酒を飲むことが大好きです。
文学だけでなく歴史オタクでもあります。
どうぞよろしく。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード